スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@イギリスでセンブンシスターズへ・・・。

Seven Sisters

海沿いにあるチョークの岸壁の公園です。
多少歩きますが途中に鳥が居たり、牛が居たり小川が流れていたりと岸壁に辿り着くまでも楽しめます。


SS1.jpg

Victoria駅からEastbourne trainでSeaford駅まで行きます。45分位だったかな。
改札を出たらバスターミナル突っ切って正面の通りを時計台(下写真)まで行き、
右へ曲がるとまたバスターミナルがあります。
そこから12、12A、13番バスでThe Country Parkまで行きます。
1時間程バスに揺られると到着します。ロンドンから十分日帰り出来ます。
帽子必須で是非行って下さい!


008_20081002103415.jpgSS2.jpg

こんな急斜面をよじ登ると・・・とても広大な景色が眺められます!
石のビーチからもいいですが、私は丘の上からの景色をお勧めします!!


SS3.jpg

どこまでチョークの岸壁が続くのか・・・?
こんな草原を歩いて行くとセブンシスターズへ行けるんです。


SS4.jpgSS5.jpg

バス停降りて直ぐにあるビジターセンター横のお店でお持ち帰りした
サンドイッチ(£6.15)&クロワッサン(£1.75)を素敵な景色を眺めながらランチ!
余談ですがこちらのお店美味しかったけどあまり種類なかった(水£2.5)。
ロンドンでパンやハム、ワイン!等を買って行く事をお勧めします。
すると素敵なピクニックが楽しめますよ!
園内トイレないのでビジターセンターで済ませて下さい。


065.jpgSS6.jpg

Seaford駅へ帰る途中海沿いが賑やかになってきたら途中下車する事もオススメ!
ビーチにも沢山のお店が出ていたり、水族館や遊園地もあります。
10-15分で歩いて駅まで行けます。


081.jpgSS7.jpg

さすが海の近く!ムールが食べられるお店が沢山ありました!
レストラン以外にもショッピングを楽しめるお店も沢山あります。
是非海沿いの道から駅へ向かう脇道へ入って見て下さい。


「どう?」・・・「うん!今度はピクニックセット持ってく!」


Seven Sisters Country Park
Exceat Seaford East Sussex BN25 4AD
Tel: 01323 870280
Fax: 01323 871070
Email: sevensisters@southdowns-aonb.gov.uk


スポンサーサイト

テーマ : イギリス・ロンドン
ジャンル : 海外情報

ヴィクトリア&アルバート博物館へ行こう!

Victoria & Albert Museum

こちらの博物館、Ann的には大英博物館よりも好きです!!

DSCN0485.jpg

この美術館通称「V&A」はとても素敵です!!
地下まで様々な物がギッシリ。
大英博物館と同じく寄付のみで無料なので時間が許す限り何度行ってもいいですね!
もしくは1日ゆっくり美術品に浸りながら、ランチも館内で済ませるのもお勧め!
こんなにステキなダイニングでお食事出来るんですよ!
確か・・・シャンパンがお安かった気が・・・。。。
いいですねぇ~シャンパン片手に・・・歴史を感じる!?


DSCN0549.jpgDSCN0550.jpg

恐ろしいんですよ!
マイソール「ティップーのトラ」・・・トラの胴体にハンドルが付いてるんですよ、
それを回すと・・・何と!?トラの牙が体内へ・・・ぎゃぁ~ですよ・・・絵文字名を入力してください
しかもコレ・・・トラには鍵盤があり演奏する為の楽器だそうで・・・。
「よっぽどイギリス人が嫌いだったんだね」と相方JuJu!?
「えっ!?マジ!?」なる一品でした。


DSCN0529.jpg

大きさにも美しさにも圧巻ですっ!
本当に美しい!!
東芝スポンサーの日本コーナーも素晴らしいです。
Ann的に趣味でございますぅ~茶道具が展示されていて時間を費やしてしましました・・・。



「また行く?」・・・「ハイ!行きます!!」

他にも衣装のコーナーはシェイクスピアからいつぞや流行ったカルバンクラインのパンツ!?
まであったり、ジュエリーコーナーはもう無言!すばらしいの一言!!



テーマ : アメリカ
ジャンル : 旅行

エリザベスさ~ん居ますか?

Windsor Castle

入口ですんごい並びました・・・ツアーガイドさんもビックリ!

DSCN0360.jpg

ウィンザー城は礼拝堂と現在でも使用される王室の居城からなってます。
ステイトアパートメントは王の寝室や食堂、
様々な国の武器などや肖像画(私は多すぎると感じた程)の展示がされています。
タイミングを見ないと城内に入る前に並びます・・・シーズンだと1時間位。
きっとお昼の衛兵交替式の時間だとすぐに入れた。
こちらは様々な都合で閉鎖される部分があるので事前に調べて行かれる事をお勧め!
全体を見るのは3時間位で十分。


DSCN0361.jpg

中間で外部から鼓笛隊がやってきます。
すると・・・チラッとでしょうが外部(出口)で待っていると見られる!って言うことですよねぇ~~。
聖ジョージ礼拝堂は日曜日は入場出来ませんが、毎日夕方のミサを受ける事は出来ます。
正面上方には数々の騎士団の旗等が見られます。もちろん、ロイヤルファミリーの物もあります!!
どれどれ!?とみな当たり前の様に探す。
これお決まり。


DSCN0364.jpg

こちらは礼拝堂奥の部屋です・・・
ごめんなさい!!知らずにパチリ・・・
後ほど相方JuJuに注意され写真禁止だと知りビックリ!
もう2度としませーん!!皆さまもご注意。
と言うことでマル秘写真。。。思わず「うわぁ~」と声が出てしまう程美しかった。



「また行く?」・・・「う~ん・・・ロンドン市内のミュージアムでいいかなぁ」笑

今回は3か所を£70程で周るバスツアーに参加:様々な所へ行くならお勧め!
でも、こちらだけなら駅からもすぐ近いし電車でどうぞ、
また近所の全寮制のEton College イートン校も綺麗でお勧めらしいです。
バスツアーはこちらのページの下記に書いてます。




↑こちらもクリック宜しく!!

テーマ : 旅行情報
ジャンル : 旅行

ロンドンなのにベニス!?

リトル・ベニス

原宿竹下通りみたいな若者の街カムデンロックマーケットまでウォーターバスで小舟に乗って運河めぐりをして来ました!

DSCN0410_convert_20080812201619.jpg

運航時間は1hに1.2本です。
チケットや予約をしなくても直接行って、船上で支払います(多分キャッシュのみ)。
50分の運河の旅です・・・とぉ~てものろぉ~いので、本当に眠たくなるほどゆ~くり出来ます!
途中、リージェンツパークの動物園でも停まります(入場料とのパックもあるらしい?)。
カムデンロックマーケットまでは地下鉄でも行けますが、時間の余裕があればこちらもお勧め!
窓を閉めれば冬場だってOKじゃないかな?


DSCN0414_convert_20080812201727.jpg

船が来るまで乗り場の横の船のCafeで時間を潰してれば・・・なんて乗り場のお兄さんに勧められました。
皆、天気の良い日はブランチを楽しんでるようすです!
運河は緑色だけど・・・。
サンドウィッチやパニーニ£3~5位だったかな、プレートは£8位したかも(アルコールはノンアルコールビアしかないです)。
Annさんは皆さんの召しあがってるのを横目で見ながら
運河の橋元のパブでビール&ブランチを楽しみましたテラスもありナイス!
だって、カフェはカード使うのに最低プライスがあって現金がなかったAnnさん入れなかったの。笑
皆さんお気を付けてぇ~。

大人£6.5.子供&シニア£5(往復£9.£6)

最寄駅:Warwick Av.です。

Royal Oak, Paddington, Edgware Rd.駅からでも十分歩けます。


モールあったり、安いレストランが多い「QueensWay」も徒歩圏!
10,15分位でしょうか。
Paddington駅へ橋をくぐり運河沿いを歩けばすぐ川岸にCafeやパブもありますよ
そしてカムデンロックマーケットまで行けば£3.5位で安ランチも
ディナーも出来るお持ち帰りのお店も屋台のようにつらなってます。


「どう?」・・・「うん!天気も良く、気持ちよくて良かったよ!!」


Little Venice : London water bus co.



↑Annさんのブログが何位かチェック!!



テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

@ロンドン:帝国戦争博物館へ行ってみよ!

Imperial War Museum

大好きな飛行機を見に行ってきました。
他国の博物館と違いあまり日本は関わりが少ないので客観的に見られるんじゃない。・・・と相方JuJu。
私は・・・ただ、ただ、飛行機を見て・・・。
ここは元々ダックスフォード飛行場の跡地なんだってよ。


DSCN0428.jpg

様々な飛行機や戦闘機が見られます。
また、お子さんと行くとまるで小さな科学館の様な所でお遊びも出来ます(笑:小さなを強調!)
£3程アトラクションもあります!楽しそう!・・・子供になりたい・・・。笑
外のビデオ画面を見てるだけでも飛行機好きなJuJuとしては飛び乗りたい!!
が・・・回りは子供ばかりで気が引けます(笑)。
お子さん連れだと日本には中々ないので楽しいかも!?


DSCN0429.jpg

ノルマンディー上陸作戦を再現した「Normandy Experience」、
日本とのビルマ戦線、太平洋戦線を再現した「'The Forgotten War' Exhibition」、
第一次世界大戦から湾岸戦争までイギリス軍が関与した戦争のセクションがあります。

220px-Duxford_UK_Feb2005_american2.jpg

無料ですが少し遠いのが難点です。が案外行ってしまえば近いです。
駅改札でたら(多分一つ:やさしい駅員さんが教えてくれます)背を向け左へ10分
(途中2股のに分かれますが向って左へ)。
右手に見えて来なければ誰かに聞きましょう。
駅から行くとちょっとした空地のに見えるので見過ごさないで!
現地には食事をする場所もあるし、駅から歩いて来ると手前にパブ(?)もありました。


「また行く?」・・・「うん!でも、アメリカ系の方が日本人には悲しいけど、楽しいかも!」

ダックスフォード帝国戦争博物館 (Imperial War Museum Duxford)  Telephone: +44 (0)1223 835 000




↑Annさんのブログが何位かチェック!!


テーマ : イギリス生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Ann

Author:Ann
ニューヨーク在住。
食べるの大好き!
Annが毎日食べてる
美味しい物ブログ。
夢はフードライター!
旅ライター!どなたか
「書いてみな~い?」なんて
嬉しいお誘いしてくれる方
いません?(笑)
マジです!
Annへメールは下記へ
atabeyony@gmail.com
個人の質問は返答しません。
コメントへメッセージをどうぞ!

トラックバックは
ご自由にどうぞ!
無断で文章や写真の使用を
お断りします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
<********>


ジモモ ニューヨーク
NYで頑張ってます!応援宜しく!

ブログランキング参加してます!
ポチッと!宜しくです。






******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。